記事

ストレスにパントテン酸(B5)・白髪にビオチン(B7)


1 ビタミンB群の話 パントテン酸


パントテン酸は「抗ストレスビタミン」です。

ストレスがかかると副腎皮質ホルモンが出て、ストレスに対抗するための体制を整えます。

この時に副腎皮質ホルモンの産生を促すのがパントテン酸です。

ここにビタミンC、Eを加えると副腎の機能が強化されて、ストレスに強い体になります。

多く含まれているのはレバー、にじます、カレイ、納豆などです。

fotolia_101614775_xs
Fotolia_87308368_XS


ビオチン(B7)


ビオチンは皮膚や頭髪を健康に保ちます。髪が抜けたり白髪が増える時はビオチンの不足かもしれません。

ビオチンは腸内細菌によっても合成されていて、あまり不足しない栄養素ですが、抗生物質を長期間飲むと、腸内環境が悪くなって不足することがあります。



#パントテン酸 #ビオチン #ストレスにいい食事 #抗ストレス


みどり先生のHPはこちらです;子育てカウンセリングルーム Poco a Poco

 



ブログランキング・メンタルヘルスブログ 発達障害へ
The following two tabs change content below.
長野県上田市で子育て相談室を開いています。 自分の子どもが病気になり、栄養療法で改善したことから、食事や栄養の重要性に気づきました。 分子栄養学をベースにした栄養指導で子育ての悩み解消を目指しています。

関連記事

最近の記事





ページ上部へ戻る