記事

冬至


今日(12/21)は「冬至」です。

北半球では一年のうちで昼が最も短く夜が長い日。この日を境に日が長くなるということで「一陽来復」、運が上昇するといわれています。

冬至の日には柚子湯とかぼちゃを嗜む風習がありますね。
柚子湯に入る風習は、“湯治”と“冬至”の語呂合わせからきており、「融通が利くように」という願いから「ゆず」を使うようになったようです。

かぼちゃを食べる風習は、風邪をひかないようにという意味合いと、黄色には魔除けの力があると考えられていたからだと言われています。

こんにゃくを食べる風習は関東地方にありますが、こんにゃくは体の中をきれいにしてくれる整腸作用があるため、カラダの中に溜まった悪いものをデトックスして清めようという風習からきています。

この日にまつわる風習は邪気払いの意味合いがありますね。

日本の風習って本当に素敵。

みなさまも、どうぞ忙しい日々のなかで、
健康と安全には御留意くださいませ。

wyukiko017



読んでいただけたら下記バナーを1クリック応援お願いします。1日1回のみ有効です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

The following two tabs change content below.
しいなゆきこ

しいなゆきこ

栄養士・料理研究家・食生活アドバイザー・フードコーディネーター 「食べることは一生モノ」❤︎ 丁寧な暮らし&ココロとカラダを健康に❤︎ 簡単で美味しいレシピが大好評です♬

関連記事

最近の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る