1. カジキのカレー炒めのお弁当

    カジキは一年を通して出回っているため手に入れやすい魚です。味は淡白なので、どんな調味料にも合います。カジキは、たんぱく質が多く、脂肪は少なめ、カリウムなどのミネラルが豊富です。

  2. 鱈の塩麹みりん漬けのお弁当

    「鱈の塩麹みりん漬け」(材料)2人分・白身魚…2切[浸けタレ]・醤油…大さじ1・塩麹…大さじ1・みりん…大さじ1・蜂蜜…小さじ1(作り方)① 浸けタレの調味料を合わせて、白身魚に漬けます。お弁当に使う場合は、前の晩に漬けておきます。

  3. おうちde手作り、さつま揚げのお弁当

    季節のお魚を使って、さつま揚げを作ってみましょう!お魚のミンチにはんぺんを加えることで、ふっくらとしたさつま揚げが簡単に出来ます。 材料(4人分)・生たら…三切(約250g)※他にさば、あじ、金目鯛などなどOKです。

  4. 細胞よ生まれ変われ:小松菜とじゃこの炒め物

    読者の方から寄せられた、5分で出来ちゃう、とっても簡単なレシピのご紹介です(*'-'*)なんとたったこれだけで1日分のビタミンB12が摂取可能。

  5. がんばる気になるツナ豆腐バーグ

    豆腐バーグ ・木綿豆腐1丁 ・ツナ缶(水煮)1缶 ・にんじん 1/6本 ・たまねぎ 1/4個 ・しょうがのみじんぎり ひとつまみつけあわせ ・パプリカ 適当に合わせて1/4程度 ・ブロッコリー 3房程度味噌汁 ・かぶ 1本 葉も含む  ...

  6. 疲れを知らないまぐろ丼

    冷凍まぐろ 1人前大葉 2枚味噌汁(にんじん 1/3本) (ねぎ 1/3本) (大根 2センチ厚分くらい) キウイ 1/2個バナナ 1/2本 1日あたりの推奨量に対する割合小さなお子様は半分の量でおおむね下記割合になりますビタミンK、B2・亜鉛・マ...

    • 疲れを知らないまぐろ丼 はコメントを受け付けていません。
    • 未分類
  7. 肉・魚の扱い方

    お肉・お魚も、表面に付着している雑菌をベジクリーンでさっと洗い落とすと、よりおいしく安全に食べられます。洗った後はキッチンペーパーでしっかり水気を取ります。調理方法は、基本的にはグリルパンかフライパンにシートを敷いて、油を使わずに焼きます。

    • 肉・魚の扱い方 はコメントを受け付けていません。
  8. 脳内ビタミン豊富。チンゲン菜とツナのビーフン

    ツナ缶 (1/2缶)にんじん 小1/3本チンゲン菜 小1/2株ごま 大さじ1海苔 1枚(写真は海苔とごまをトッピングする前です)    1日あたりの推奨量に対する割合小さなお子様は半分の量でおおむね下記割合になります&nbsp...

  9. フライパン洗わずに済むシート

    最初はちょっと割高かなと思っていましたが、もう今となっては手放せません。このシートを使う大きなメリットは、1.フライパンに敷いて使えば、フライパンを洗わずに済む2.肉や魚などがシートにくっつかないため油を使用しなくて済むです。

最近の記事



発達凸凹アカデミー




ページ上部へ戻る