発達障害と食事

  1. パパ・子供もOK!何を食べればいいの?簡単チョイス一覧表

     こちらからダウンロードできます食材簡単チョイス一覧表 お子さんがいらっしゃるご家庭では毎日食事の支度大変ですよね。 最低でも、この表の中から朝・昼・夜それぞれの食事で、なるべく重ならないように1つずつえらべばOKです。

  2. 体型や肌トラブルにはビタミンB2・B6

    ~管理人より~発達障害の症状が出ている人は腸が弱く、免疫機能も弱いので、肌トラブルなども多いですよね。とりわけ思春期のお子さんは、ニキビや体型なども気にしがち。美容面でもすぐれた効果がある栄養素のお話、発達障害に関係なくぜひ取り入れてみて下さい。

  3. 成長期に必要な栄養素の基礎知識と組み合わせる時のコツ①ビタミンB1

    人も動物も食べ物を食べることで栄養素を細胞に取り込んでいます。また、食べたものを材料として、体の中で栄養素を合成しています。今回は成長期(もちろん成人にとっても!)に必要な栄養素の基礎知識と、それをどのように組み合わせていくといいかをお話しましょう。

  4. 添加物を避ける理由

    前回の続きより;私たちの体は60兆個の細胞からできていて、約3ヶ月ですべての細胞が入れ替わります。その時にいい食事をしていれば、いい材料を使っていい体が作られるのです。悪い食事をしていれば・・その反対になるのです。

  5. 油が心・体・脳そして人生を左右する

    前回の続きより;私たちの体は60兆個の細胞からできていて、約3ヶ月ですべての細胞が入れ替わります。その時にいい食事をしていれば、いい材料を使っていい体が作られるのです。悪い食事をしていれば・・その反対になるのです。

  6. 子どものたんぱく質の必要量は大人の倍

    前回の続きより;私たちの体は60兆個の細胞からできていて、約3ヶ月ですべての細胞が入れ替わります。その時にいい食事をしていれば、いい材料を使っていい体が作られるのです。悪い食事をしていれば・・その反対になるのです。

  7. 自分の体は自分の食べたもので出来ている

            「私たちの体は私たちの食べたもので出来ている」この当たり前の事実を私たちは、ついつい忘れてしまいます。私たちの体は60兆個の細胞からできていて、常にその細胞たちは新しいものに入れ替えられています。

  8. 糖質制限とグルテンフリー・カゼインフリーについて

    前回、遅延型アレルギーについて書いた時に、グルテンフリー・カゼインフリー(GF・CF)の説明をしました。GFは小麦や大麦などを制限すること、CFは乳製品を制限することですね。

  9. 遅延型食物アレルギー

    ④「遅延型食物アレルギー」食物アレルギーには食べてすぐに症状の出る「即時型アレルギー」と、すぐには症状の出ない「遅延型アレルギー」の二つがあります。ふだん私たちが思い浮かべるのは、即時型アレルギー(魚を食べてじんましんが出る、そばを食べて呼吸困難になるなど)だと思います。

  10. それは発達障害ではなくて低コレステロール?

    ③ 低コレステロールコレステロールというと、「低ければ低いほど健康によい」と考えている人が多いと思います。「卵は1日1個にしている」「油はコレステロールゼロのものを使っている」「コレステロールは血管を詰まらせてしまう恐ろしいもの」これらはすべて間違いです。

最近の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る