お弁当

  1. 豚肉とズッキーニの味噌炒めのお弁当

    味噌とニンニクが効いた味噌炒め。旬のズッキーニとも相性抜群です。

  2. いわしの蒲焼き

    マイワシの旬は春から夏で、“入梅いわし”と呼ばれています。いわしには頭の働きをよくするDHAや、血流を良くしてくれるEPAがたっぷりと含まれています。

  3. 塩もみ野菜のお弁当

    あると嬉しいサッパリする箸休めおかず。「塩もみ野菜」材料は簡単。新鮮な野菜と自然塩のみ。余計なものは入れません。(材料例)・キャベツ・にんじん・きゅうり・青じそ・かぶ・大根…などなど。

  4. 蕪と豚こま炒めのお弁当

    「蕪と豚こま炒め」 (材料)2人分・豚こま肉…110g・蕪…1個・油…大さじ1〈A〉・塩…少々・コショウ…少々・片栗粉…小さじ2〈B〉・醤油…大さじ1・酒…大さじ1・みりん…大さじ1 (作り...

  5. カジキのカレー炒めのお弁当

    カジキは一年を通して出回っているため手に入れやすい魚です。味は淡白なので、どんな調味料にも合います。カジキは、たんぱく質が多く、脂肪は少なめ、カリウムなどのミネラルが豊富です。

  6. 鱈の塩麹みりん漬けのお弁当

    「鱈の塩麹みりん漬け」(材料)2人分・白身魚…2切[浸けタレ]・醤油…大さじ1・塩麹…大さじ1・みりん…大さじ1・蜂蜜…小さじ1(作り方)① 浸けタレの調味料を合わせて、白身魚に漬けます。お弁当に使う場合は、前の晩に漬けておきます。

  7. インフルエンザ予防に!長芋のバター醤油煮のお弁当

    長芋は、山芋の種類のひとつで、生薬名は「山薬」といいます。ビタミンB類、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄、カリウムなどの栄養があります。また、消化酵素が豊富で、たんぱく質や炭水化物などの栄養素の消化と吸収を助けてくれます。

  8. エスニックランチ〜ガパオライスのお弁当

    エスニックランチ〜ガパオライスのお弁当〜 忙しい朝でもひき肉でささっと作れる簡単エスニックランチです。

  9. 根菜でカラダを温めよう!切り干し大根煮のお弁当

    乾物はとても便利な上、日干しをすることによりビタミンDなど栄養素も豊富です。

  10. おうちde手作り、さつま揚げのお弁当

    季節のお魚を使って、さつま揚げを作ってみましょう!お魚のミンチにはんぺんを加えることで、ふっくらとしたさつま揚げが簡単に出来ます。 材料(4人分)・生たら…三切(約250g)※他にさば、あじ、金目鯛などなどOKです。

最近の記事





ページ上部へ戻る