記事

精神と直結しているビタミンB3(ナイアシン)


1 ビタミンB群の話 ④ビタミンB3(ナイアシン)

管理人補足:
ナイアシンとはニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3 のことです。

糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠で、欠乏すると様々な「炎症」を起こします。

うつ病やネガティブ思考に偏りがちな人は、このB3が圧倒的に不足しています。
適応障害、アスペルガー、自閉症の方は、ぜひ積極的に摂取して下さい。改善例が多数あります。

食材としては、かつお節をはじめとする魚介類、ナッツ類、まいたけやしいたけkatuoなどに多く含まれています



ナイアシンのお話をしましょう。

ナイアシン欠乏症として有名なのが「ペラグラ」です。

とうもろこしを主食とする地域に多く、顔や手足が炎症で黒くなり、胃腸の障害や精神症状が起こります。

また、ナイアシンはお酒を代謝するのに使われますから、大酒飲みの人は気をつけないと不足します。
また、大量に投与することでコレステロールや中性脂肪を低下させます。

ナイアシンが統合失調症の幻聴、幻覚を抑えることを発見したのは、カナダの精神科医エイブラム・ホッファー先生です。

先生はもともと生化学を研究していた方で、幻聴や幻覚を「脳内で起こっている化学的反応」と考えて研究を進めるうちに、幻聴、幻覚を引き起こす「アドレノクロム」という物質を見つけ、これを還元、代謝するのがナイアシンだということを突き止めます。

先生はそのことを「二重盲検法」で確認して学会で発表しましたが、そのために学会の会長の座を追われてしまいます。

故郷に帰った先生は、一介の精神科医として多くの患者を治療し、ライナス・ポーリング博士と共に創始した「分子整合医学」を広めました。

ホッファー先生の生き方に私はいつも励まされます。今もなお、栄養で治すということへの偏見は続いていますが、先生たちの切り開かれた道を繋いでいけたら、と思っています。


【管理人補足】




不登校、うつ、適応障害、自閉症など数々の効果が上がっているサプリメント BコンB3

クリニック処方のサプリメントです。クリニックで受診した方は2割引で買えます。定価になってしまいますが、通販でもご購入できます。
(これ単体ではなく、食事改善とレシチン、DHAなどのサプリメントの併用が望ましいです。詳細をお知りになりたい方はご連絡下さい)
h071_b

みどり先生のHPはこちらです;子育てカウンセリングルーム Poco a Poco

 

The following two tabs change content below.
Midori
長野県上田市で子育て相談室を開いています。 自分の子どもが病気になり、栄養療法で改善したことから、食事や栄養の重要性に気づきました。 分子栄養学をベースにした栄養指導で子育ての悩み解消を目指しています。

関連記事

ページ上部へ戻る