記事

おくらのおかか和え


sdoula00

夏になると沢山出回る「おくら」。

あのネバネバはいかにも栄養がぎゅっと詰まっている感じがしますよね。

夏バテ解消、疲労回復に効果があり、調理も簡単です。

茹で方もコツをつかむと簡単にできるようになりますよ。

こんなシンプルな食べ方がおすすめです。

おくらはまず、ヘタとガクの部分を包丁で角を落とすように剥きます。
sdoula01

そして、全体に生えている白いうぶ毛を塩で擦るようにしてとります。

sdoula02

塩が付いたまま、沸騰したお湯で1〜2分茹でてザルにあげます。
(水で冷やすと水っぽくなってしまうので、うちわなどで仰いで冷ますのがおすすめ。)

お好みの大きさに切って、鰹節の粉末、醤油をかけて出来上がり。

ぜひ、お試し下さいね(*^^*)




管理人補足:オクラ10本前後とかつおぶし5g(小分けパック1袋程度)で、こんなに栄養があります。

1日あたりの推奨量に対する割合
小さなお子様は半分の量でおおむね下記割合になります

70~80%前後
食物繊維・ビタミンK
 
40~60%前後
マグネシウム・セレン
 
20~30%前後
ビタミンB12・ビタミンC・カリウム・葉酸(ビタミンB9)
 
10~20%前後
ビタミンB7・ビタミンE・カルシウム



ブログランキング・メンタルヘルスブログ 発達障害へ
The following two tabs change content below.
つくば市の食と愛で産後ママを支える「産後ドゥーラ」。 美味しい母乳の為の食事を作ります。 調理師・製菓衛生師。4世代同居を経て長男の嫁歴19年。 ひとりでがんばらないで!ほっとできる時間を産後ママにプレゼント!

最新記事 by すとう けいこ (全て見る)

関連記事

最近の記事





ページ上部へ戻る