改善の効果

beforeafter


1.こんなにきれいな字が書けるようになります


before
・字の大きさがまちまち
・隣の字とのスペースがきちんと取れなかったり空きすぎたりしている
・まっすぐ書けない
・なぐり書き
・hとbとn、6と0、uとa、eとc、=とこ、などがきちんと書き分けられない
math01
Eng01
arrow_1
after
・バランスがきれいに整う
・隣の字との間隔がそろう
・まっすぐに書けている
・ていねい
mathprint
English01


2.こんなにきれいに片付けられるようになります


before
・ゴミをゴミ箱に入れられない
・脱いだものが散乱
・食器などが使ったままの状態
・本来あるべき場所に戻せない
room_before_02


room_before_01
arrow_1
after
・ゴミが落ちていない
・脱いだもの、食器などが放置されていない
・物がきちんと角や向きをそろえて納まっている
・ぬいぐるみがきちんと置かれているなど細かいところまで配慮されている
room_after9_03

room_after9_02

room_after9_01

3.こんなに状態が変わります


before
・すぐキレる
・何回言われても同じような間違いをする
・マイナス思考
・口数や表情が乏しい、コミュニケーションを取ろうとしない
・思考がぐるぐると同じところしかまわらない
・欲を抑えられない


after
・キレずに落ち着いて話を聞けるようになる
・間違いやミスが減る
・あれがない、これができないといった後ろ向きの発言をしなくなる
・相手に聞く、ということが少しずつできるようになってくる
・何かあたらしいチャレンジをしてみようと前向きな気持ちになる
・仕方ない、と状況に合わせて欲を抑えることができるようになってくる


食事改善とサプリメントにより、概ね半年~1年でこのような変化が見られるようになってきます。


字をきれいに書くこと、部屋を片付けること、忘れ物をしないこと、感情をコントロールすること、すべては「情報を整理する」という能力と「最後までやりとげる(気を配る)」という能力です。


脳内物質が足りていないと、空間や順番を正しく認識できなかったり、指が自由に動かなかったりするため、字もきれいにかけません。


また全体を見渡して把握したり、後先を考えたり、最後までやりとげたりする能力も弱くなるため、間違いが多くなってきますし、ゴミをゴミ箱に捨てたり、使ったものを元に戻すということもできなくなってくるのです。


脳内物質がきちんと分泌され、キャッチでき、シナプスが増えてくることによって、訓練などしなくても自然とできるようになってきます。


ただし、ちょっとしたことで(試験だとか寝不足だとか運動したとか)すぐ足りなくなるらしく、毎日この100%良い状態をキープできるわけではありません。


もともと問題なく生まれてきた人と比べれば、非常に脆弱でセンシティブなわけですから、毎日微調整は必要です。
たとえば昨日はちょっと運動をしたからアミノ酸を増やそうとか、試験だからレシチンとDHAを増やそう、といった具合に。


続けていると何が足りないから状態が悪くなっている、というのが手に取るようにわかってくるので、状態に合わせて調整してあげるとまた数日で良い状態に戻ってきます。
悪くなることがあっても、元の悲惨な状態ほどの悪いレベルには戻らなくなってきます。

その他、読者様からお寄せいただいた改善の効果など、本サイト 発達障害のためのセラピストのほうでご紹介しています。
ぜひご覧下さい。

発達障害のためのセラピスト 食事改善の効果

最近の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る