栄養素とその働き

  1. ビタミンCの話

    ビタミンCの話大航海時代のことです。長い航海の間に船乗りたちを苦しめたのは「壊血病」という病気でした。それを防ぐためには「レモンを船に積み込んで食べるといい」と気が付いた医師がいたのですが、脚気と同じくそれが広まるのには時間がかかり、多くの人が亡くなりました。

  2. ストレスにパントテン酸(B5)・白髪にビオチン(B7)

    1 ビタミンB群の話 パントテン酸パントテン酸は「抗ストレスビタミン」です。ストレスがかかると副腎皮質ホルモンが出て、ストレスに対抗するための体制を整えます。この時に副腎皮質ホルモンの産生を促すのがパントテン酸です。

  3. 精神と直結しているビタミンB3(ナイアシン)

    1 ビタミンB群の話 ④ビタミンB3(ナイアシン) 管理人補足:ナイアシンとはニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3 のことです。糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠で、欠乏すると様々な「炎症」を起こします。

  4. だるさ・めまい・しびれ・気分の落ち込みにはビタミンB12

    1 ビタミンB群の話 ③ビタミンB12と葉酸B12と葉酸はともに造血に働きます。不足すると巨赤芽球性貧血を起こします。昔は原因が分からずに治りにくかったため「悪性貧血」と呼ばれました。だるさやめまいのほかに手足がしびれたり、ふさぎこんだりします。

    • だるさ・めまい・しびれ・気分の落ち込みにはビタミンB12 はコメントを受け付けていません。
    • 栄養素とその働き
  5. 体型や肌トラブルにはビタミンB2・B6

    ~管理人より~発達障害の症状が出ている人は腸が弱く、免疫機能も弱いので、肌トラブルなども多いですよね。とりわけ思春期のお子さんは、ニキビや体型なども気にしがち。美容面でもすぐれた効果がある栄養素のお話、発達障害に関係なくぜひ取り入れてみて下さい。

  6. 成長期に必要な栄養素の基礎知識と組み合わせる時のコツ①ビタミンB1

    人も動物も食べ物を食べることで栄養素を細胞に取り込んでいます。また、食べたものを材料として、体の中で栄養素を合成しています。今回は成長期(もちろん成人にとっても!)に必要な栄養素の基礎知識と、それをどのように組み合わせていくといいかをお話しましょう。

  7. おすすめのおやつは?

    前回の続きより;私たちの体は60兆個の細胞からできていて、約3ヶ月ですべての細胞が入れ替わります。その時にいい食事をしていれば、いい材料を使っていい体が作られるのです。悪い食事をしていれば・・その反対になるのです。

  8. 添加物を避ける理由

    前回の続きより;私たちの体は60兆個の細胞からできていて、約3ヶ月ですべての細胞が入れ替わります。その時にいい食事をしていれば、いい材料を使っていい体が作られるのです。悪い食事をしていれば・・その反対になるのです。

  9. 油が心・体・脳そして人生を左右する

    前回の続きより;私たちの体は60兆個の細胞からできていて、約3ヶ月ですべての細胞が入れ替わります。その時にいい食事をしていれば、いい材料を使っていい体が作られるのです。悪い食事をしていれば・・その反対になるのです。

  10. 子どものたんぱく質の必要量は大人の倍

    前回の続きより;私たちの体は60兆個の細胞からできていて、約3ヶ月ですべての細胞が入れ替わります。その時にいい食事をしていれば、いい材料を使っていい体が作られるのです。悪い食事をしていれば・・その反対になるのです。

最近の記事





ページ上部へ戻る